赤ら顔の原因は1つではない

実は赤ら顔の原因は1つだけではありません。
まずは「どうしてあなたが赤ら顔になってしまったのか?」その原因を知ることから始めましょう。

その後、赤ら顔の原因に合った赤ら顔対策商品を見つけることができれば、より早くあなたの悩みを解決できるかもしれません。それでは早速、赤ら顔の原因について探っていきましょう。

赤ら顔の原因

鏡を見るたびにため息をついている・・・鼻の脇や頬の赤みが消えたら顔の印象が変わって、もう少し自信がもてるのになぁと思ったりしたことはありませんか?今は女性ばかりか男性で赤ら顔に悩む人って意外に多いのです。赤ら顔は男女共通の悩みということです。

『赤ら顔』・・・辞書で調べてみると 「赤みを帯びた顔。日焼け・酒焼けなどで赤らんだ顔、また血色のいい顔などにいう。」となっています。確かに夏の海で日焼けをすると顔ばかりか全身赤くなりますね。お酒を飲んでもすぐ真っ赤になる人もいます。

しかしあなたの赤ら顔の原因は、日焼けでもお酒でもないですよね。

 

1.うっ血による原因

血液の循環障害であるうっ血状態により赤ら顔が生じることが多い。
うっ血状態とは毛細血管の拡張を言い、毛細血管が拡張されることで、顔が赤く見えるのです。

つまり、あなたが気にしている顔の赤さとは血液の赤みだったということですね!

「うっ血って何??」

うっ血とは「静脈に血流が充満した状態・血が渋滞している状態・血流 が妨げられて血液が滞ってしまっている状態」のことを言います。

つまり血の流れが良くないっということですね。部分的に詰まった血管が血液の流れを妨げてしまうことが原因となっているのです。血管が詰まると、毛細血管が広がって血液が表皮を通して見えるため、赤く見えてしまう・・・ということです。

 

2.ニキビからの炎症による原因

にきび・・・これお肌の悩みで多くの人が直面する問題ですよね。実はこのニ キビが赤ら顔の原因の1つであることが分かりました。

炎症をともなったニキビができてしまうと、うっ血によりニキビの周辺が赤くなります。つまり、ニキビがうっ血を引き起こしていたということです。

「炎症とは!?」

炎症とは防御反応のひとつで、異常を元どおりにしようとする反応です。炎症反応は異物を破壊・除去し、損傷を修復しようとする身体の働きです。

つまり、にきびはお肌にとって異常であり、それを修復しようとして、炎症が起きてしまうってことですね。ということは、にきびをニキビを発生させないお肌のケアをすることが、赤ら顔防止にもつながります。

 

3.敏感肌による原因

「敏感肌?」

良く耳にする言葉ですよね。実際敏感肌の人が自分は敏感肌だと認識してる人って意外に少ないのです!

エステで初めてフェイスケアをしてもらった時

「お客様は敏感肌ですね」

と言われて初めて、自分が敏感肌だと知ることはよくあることです。男性の場合だとお肌を女性ほど気にしない場合が多いので、自分が敏感肌だと気づいてない人もたくさんいると思いますよ。

この敏感肌と呼ばれる人達の表皮って薄いのです。

普通は厚さ約 0.2mmなのですが、敏感肌はさらに薄いため、環境の温度などによる皮膚への刺激が普通の人達の肌に比べスト レートに伝わってしまうのです。それにより過敏に反応した毛細血管が拡張することで、顔に赤みが生じるわけです!

このように、敏感肌が赤ら顔を誘発させている可能性もあるということです。

 

4.脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん) による原因

「脂漏性皮膚炎?」

難しい言葉ですよね。脂漏性皮膚炎とはyahooの家庭の医学から引用すると・・・


脂の分泌が盛んな部位、すなわち顔、頭などに湿疹を生じる病気です。脂漏性皮膚炎の起こり方にはマラセチア菌という一種のカビが関係していると考えられています。マラセチア菌は皮膚の表面に常在している脂が好きなカビで、このカビが増えて起こる病気に癜風という病気があります。脂漏性皮膚炎は癜風と異なり、マラセチア菌が単に増えたために生じた感染症というわけではなく、その菌が分解した脂の成分による刺激や、マラセチア菌に対する皮膚の反応により、湿疹反応が生じたと考えられます。


皮脂は正常な皮膚に欠かせないものですが、皮脂が過剰に排出されることによって、菌が分解した脂の成分が肌を刺激し、湿疹反応が生じて脂漏性皮膚炎を起すということです。つまり脂漏性皮膚炎とは皮脂の分泌の多い部分に発症する炎症のこ とです。

「どうやって防げば良いの?」

最も簡単な方法は洗顔ですね。過剰に排出された皮脂を洗い流し、清潔な皮膚をキープすることが大切です。

皮脂分泌の過剰が一因で、ニキビを伴うことも多くなります!前で説明したようにニキビの炎症、刺激でも顔は赤くなります。

脂漏性皮膚炎は小鼻~頬全体にかけて多く発症します。ただ、目の周りは皮脂の分泌が少ないので、ほとんど発生しません。鼻の周りや頬が赤みを帯びている人は、脂漏性皮膚炎が原因の一つになっているかもしれません。

 

5.温度による原因

うっ血状態とは毛細血管の拡張を言うって説明しましたよね?

「ではなんで、毛細血管が拡張するのか?」

それは体温を一定に保つ為なのです!毛細血管は外気の温度変化に応じて血管を拡張したり縮小したりして皮膚温を調節する働きをしています。

思い出してみてください。冬の寒い日に外に出て、冷たい風に顔がさらされると顔って赤くなりませんでしたか?昔は、子供は風の子と言われていて、子供たちは冬でも元気に外で遊んでました。その時、友達の顔・・・頬は皆赤くなっていました。

これは、急激な温度変化がおきたことによって、皮膚温を下げないように毛細血管が拡張して血液が大量に流れるため、頬が赤くなっていたのです。

逆に顔の温度が急激に上がる時にも、それと同じ現象が起きます。

また思い出して下さい。大勢の前で何かを発表した時のこと。好きな人の前に立った時のこと。恥ずかしい思いをした時のこと。怒った時のこと。このような状態の時、顔が赤くなりませんか?これは緊張や興奮により、顔の温度が急激に上がったことが原因です。

つまり、温度による赤ら顔は、急激な温度変化のある外気にさらされた時と、緊張や興奮といった精神的な要因が関係して赤ら顔になるということが分かったと思います。

 

赤ら顔がもっと分かる顔の仕組み

赤ら顔につながる顔の毛細血管についてもう少し掘り下げてみましょう。顔の真皮は毛細血管の密度が高いのです。

「真皮って何?」

真皮とは表皮と皮下組織の間に位置する部分のことで、表皮の10倍の厚みがあって、肌のはりや弾力、血管やリンパ管、神経などがはりめぐらされている部分のことです。ちなみに表皮とは皮膚の表面のことになります。

顔の真皮は他の部分よりも毛細血管が集中しているのです。

他の部分とは…例えば腹部。顔は腹部に比べて5倍近くも毛細血管が集中している場所です。だから余計に顔は赤みが目立つわけです。

 

赤ら顔の原因についてここでまとめてみましょう!

赤ら顔は男女の性別にかかわらず、誰にでも現れる可能性がある症状です。
赤ら顔はうっ血によって引き起こされることが最も多い原因だと考えられます。

赤ら顔の主な原因
●うっ血によるもの
●にきびによるもの
●敏感肌によるもの
●脂漏性皮膚炎によるもの
●温度変化によるもの

つまり、これらを予防することが赤ら顔対策につながるということです。

赤ら顔の原因が分かりましたでしょうか?それでは赤ら顔対策商品を探しましょう。

赤ら顔の原因を詳しく見る

売り上げランキング

Nu赤ら顔フォーミュラ
赤ら顔専用美容エッセンス
Nu赤ら顔フォーミュラ
ブラッシュクリアジェル
赤ら顔専用ジェル
ブラッシュクリアジェル
ネアームフィオナーK
スキンケア対策と赤ら顔ケア
ネアームフィオナーK
デルマローズ
肌トラブルもトータルサポート
デルマローズ
ページのトップへ戻る